お肌の老化防止を進めるタバコ

昔に比べるとたばこってすごく値上がっていますよね。
20年以上前は、昔のマイルドセブンが210円で買える時代でしたが、今は440円くらいになっています。
そう考えると、昔の値段の倍ですよね・・
たばこは金銭的にも、体の為にもよくないものです。
いいところははっきりと言って一つもありません。
吸っている人からすれば、確かに落ち着く薬のようなものだったり、気分転換の一環だという風に
考える方もいるかもしれませんが、それ以上に害が大きいということを知っておいてもらいたいです。
なかなかやめるのも難しいと思いますので、本数を減らしたりするという努力も必要かもしれません。
たばこを吸うと血液をどろどろにするのと同時に、血行も悪くなりますので
結果的にお肌もぼろぼろになり、老化防止を進めることにもなるのです。
さらに、たばこをすうことでビタミンCも消費されてしまうのです。
ですので、たばこを吸う人は人一倍ビタミンCを摂取しなければいけないのです。
なんと、タバコ1本を吸うことで25mg~75mgものビタミンCが壊されます。
喫煙によって直接ビタミンCが失われるわけです。
お肌を綺麗に保ったり、老化防止にも欠かせないビタミンC。
たばこを吸う人は特に積極的にビタミンCも摂取しないとお肌は衰える一方です。
お肌の為には、たばこは本当によくないものです。
タールを減らすというのも一つの手かもしれませんね。
今は、アイコスという電子タバコも販売していますので、そういったたばこに切り替えるのも
体のためでもあり、お肌の為でもありますね!