敏感肌におススメな化粧水『dプログラム』②

資生堂のビュティーコンサルタントとチャット相談が出来たり、トライアルセットも用意されているので、色々と相談できますよ。
≪『バイタルアクト ローション W I・II』注目成分≫
・トラネキサム酸
このトラネキサム酸はアミノ酸の一種です。様々な化粧品に配合されている成分で、医薬品にも使われている事から、名前くらいは聞いた事があるというように、ご存知の方もいらっしゃるかと思います。
美白効果が高い為、肝斑に対しても有効な女性には嬉しい成分。紫外線で受ける肌荒れを抑えてくれる効果も期待できます。
こちらもディセンシアと同様に、低刺激という事でとても人気のある商品になっています。
敏感肌用以外のスキンケアを使うと、すぐに赤みやヒリヒリ感・ニキビや肌荒れを感じてしまうような人は、こちらの低刺激な化粧水はとてもおススメです。
『バイタルアクト ローション W I』はみずみずしく保湿をして潤してくれるタイプ。
『バイタルアクト ローション W II』は、反対にこくを感じさせるようなしっとりタイプになっています。
季節で使い分けるのも良いですし、特に乾燥に悩んでいる人はしっとりタイプで肌を保護するのがおススメです。
保湿力と浸透力もあるので、使い続ける事で肌のかさつきがなくなり、ふっくらともちもちな肌へと変化していきます。
ただ、エイジングケアラインとしてはあまり効果が得られない人もいるようなので、そこを化粧水に期待する人は、ディセンシアの方がおススメです。