敏感肌におススメな基礎化粧品の選び方

ここでは、敏感肌の人におススメな化粧品の選び方やポイントを解説していきたいと思います。
敏感肌を改善していくには、外からのケアの他にも内側からのケアが欠かせません。
是非スキンケア以外にも、併せて内側からのケアをしていくようにしましょう。
●基礎化粧品選びのポイント●
敏感肌とは他の記事でも解説しましたが、外からの刺激によってかゆみやヒリヒリとした刺激を過剰に感じてしまう肌の事をいいます。
これが皮膚が本来もっているバリア機能が低下してしまっている事が主な原因ですが、このバリア機能の低下を引き起こすきっかけは、元々の体質の場合と、年齢や生活習慣・お手入れ方法などによって引き起こされる事の方が多いです。
バリア機能は、加齢や乾燥・食生活や生活習慣の乱れ・スキンケアが適切でない事によって、潤いを維持する成分が減少してしまい弱っていきます。
特に見過ごせないのが、角質層の水分量です。
角質層の水分の中で、約50%ほどを占めるのがセラミドなどの角質細胞間脂質と呼ばれるものです。
なので、まず敏感肌の人は、このセラミドが多く含まれている基礎化粧品を選択するのがおススメです。
そして、肌のバリア機能が低下すると少なくなってしまう成分が、コラーゲンやヒアルロン酸。
これらの成分も含まれている基礎化粧品を使い続けると、より健康的で弾力のある肌へと戻す事が期待できるでしょう。
化粧品のタイプも、さらさらタイプよりはしっとりタイプやこってりとしたクリーム・ワセリイ系を選んだ方が効果が高いのでおススメです。
また敏感な度合いが高い人ほど、成分がシンプルなものを選びましょう。多ければその分、反応を起こす可能性も高まります。
水を付けただけでもヒリヒリとした刺激を受けるほどの重い敏感肌の人は、その状態が改善するまでは、ワセリンの塗布のみがベストです。