敏感肌のメカニズム。まずは自分の肌の状態を知ろう②

ですので、化粧水をつけるとピリピリと沁みる感じがしたり、状態がひどい場合には、髪が触れただけでもかゆくなってしまったりする症状が現れたり、スキンケアに含まれているアルコールに反応して、皮膚がかぶれ赤くなるという症状が現れたりします。
この症状が出るきっかけは、化粧品以外にも強い洗剤であったり、衣類が原因で起こったりと様々です。
他にも、最近ではストレスや食生活・住んでいる環境によっても肌が敏感な方へと傾いてしまう人が増えているのが現状です。
●原因●
では、どうして肌が敏感になってしまうのでしょうか。
原因の一つとしては、花粉やアレルギーといった場合があります。
アレルギー症状として鼻がムズムズしている人も、実はその鼻の症状だけではなくて、身体全身がアレルギーを起こしやすい状態になっていたりします。
その他にも、身体の一か所に傷が出来た場合でも、全身が炎症を起こしてしまう・起こしやすい状態になっている場合があるので、仕事で疲れていたり等、何かの拍子に身体が反応を示してしまうという事もあります。
また、化粧水などのスキンケアが間違っている・適切でない場合や、栄養不足が原因となる場合もあります。
こうした様々な原因により、外部からの刺激に対して反応を受けやすくなり、肌が乾燥、そして敏感肌へと肌の状態が酷くなっていくという訳です。
それでは、この中で間違ったスキンケアと栄養不足となる食べ物について、より詳しく見ていきましょう。