敏感肌の原因は洗顔?洗い方を見直してみましょう③

上が弱いもので下へ行くほど刺激が強いクレンジング剤です。
・クレンジングジェル(水性)
・クレンジングミルク
・クレンジングクリーム
・クレンジングジェル(油性)
・泡クレンジング
・クレンジングオイルリキッド
・ふき取りタイプ
それぞれに特徴があり負担も違うので、自分に合うものを見極めていく事が重要です。
例えばクレンジングオイルを使っていて、肌が突っ張った感じがしたり、赤みやかゆみなどがあった場合には、肌に合っていない可能性があります。
そういった場合には、それよりも刺激の少ないクレンジング剤を使ってみたりと、製品を変えて様子を見ていって下さい。
それでも、界面活性剤がどうしても気になっていて出来れば使いたくないと思っている人は、界面活性剤を使っていないクレンジングや洗顔料もあります。
また、界面活性剤といっても石油系だけでなく、自然由来の界面活性剤を使っている商品もあるので、そういった刺激の少ない物を選んでいくのが良いでしょう。
他にも、軽いメークをした場合には、クレンジングは使わないで石鹸だけで洗顔するのみに留めるなど、肌への負担を少なくする機会を意識的に作っていく事も大切です。
そして、忘れてはいけないのが洗顔後の保湿。
成分としては、セラミド・アミノ酸・ヒアルロン酸などが含まれてる化粧水などで保湿を十分に行う事がとても大切です。
植物性エモリエントの成分が入っているスキンケアも保湿効果が優れているのでおススメです。