敏感肌の原因は洗顔?洗い方を見直してみましょう⑤

タオルで拭く時もごくごく弱く、ごしごしとふき取る感じではなく、ソフトな質のよいタオルで軽く顔を押さえる感じで水分を取っていきます。
●おススメ石鹸●
こうした事を踏まえて、敏感肌の人におススメな石鹸はずばり、固形石鹸です。
固形石鹸の良い所は、液体状のものよりも泡立つところ。そして、界面活性剤ではなくて、石鹸成分の泡だちなので、刺激が少ないというところです。
よく固形石鹸は泡立てにくい・泡立つまでに時間が掛かるという声が聞かれますが、そんな方は泡立てネットを使ってみてください。
100円ショップでも手に入る泡立てネットで構いません。
ネットを使うと、あっとい間にキメの細かい泡が出来上がります。
使う際のポイントをあげるとするならば、加える水分の量を調整していくと良いでしょう。
最初から多めに石鹸と水を合わせてしまうと、1つ1つ泡も大きめな物になってしまい、すぐにしぼんでしまいます。
これでは、表面張力を利用する事が出来ないので、水分は少な目にして、泡立ちが良くないと思ったら、少しずつ水を足していくようにして下さい。
これで持続性のある泡が出来上がるので、その泡を皮膚にのせて優しく手のひらを動かしてマッサージするように洗顔していきましょう。
ゴシゴシと力が加わってしまうと、その刺激でシミの原因となるメラニンが増えてしまい、肌の色素が濃くなっていってしまいます。
これでは本末転倒ですので気を付けて下さい。
中々自分に合うスキンケアグッズを見つける事は難しいですが、毎日使うものです。
サンプルを貰って試してみるなどして、マイベストなスキンケアグッズを見つけていきましょう。