老化防止の為にも日焼け止めは年中塗ろう!

皆さん、「光老化」という言葉をご存知でしょうか?
実はこれはその名の通り、光の影響で起こる老化現象のことなんです。
紫外線を長年浴び続けることによって、シワやシミ、たるみなどを引き起こす現象を光老化と言います。
若いころ「ガングロ」なんてのも流行った時期もありますが、今思えば恐ろしいことです。
わざわざ海に行って焼いたり、日焼けサロンにいって焼いたり、自宅のベランダに出て
焼いてみたりしていたのですから・・・
上記でもお話している通り、紫外線を長年浴び続けることは老化防止を進めてしまう原因なんです。
老化防止を防ぐためには、紫外線対策をすることがとっても重要。
特に直射日光を避けて、冬であっても日焼け止めを塗るということが必要不可欠なんですよ。
ちなみによく耳にする「SPF」というのは、UV-Bを防ぐ力のことです。
日焼け止めを購入するにあたっても、この「SPF」が高いほど紫外線対策の効果を発揮するのです。
屋内にいれば大丈夫だと思っている紫外線ですが、実はこのUV-Aというのはガラスを通り抜ける
タイプのものなので、たとえ屋内にいたとしても、紫外線対策は必要なんです。
家の中にいて紫外線対策をしないのだとすれば、雨戸までも締めて部屋の中に
紫外線が入らないように、真っ暗にする必要がありますね。
もちろん、雨が降っていても曇っていても紫外線は発生していますので、日焼けしてしまうのです。
お肌へのダメージが強い紫外線。
夏場はもちろんですが、年中気をつけていたいものですね。