老化防止を防ぐ若返りホルモンとは!?

女性ホルモンとかって言葉を良く聞きませんか!?
女性ホルモンが正常だと、生理も定期的にやってくるとか、色々聞きます。
そんな中、「成長ホルモン」という言葉を聞いたことはありませんか!?
この成長ホルモンというのは、通称「若返りホルモン」とも言うのだといいます。
若返りホルモンとは、加齢とともに減少していってしまうホルモンのことだそうで、
返りと名がつくだけあって、老化現象と密接な関係を持っているといいます。
ということで、その若返りホルモンの肌への効果と分泌を促すコツはあるのでしょうか。
成長ホルモン(若返りホルモン)は脳下垂体から分泌される、人体の成長や代謝などをつかさどる
ホルモンのことです。
実は、15歳から20歳の間に分泌のピークを迎え、その後は加齢とともに減少していきます。
ということは、単純に考えて二十歳を超えたらどんどん老けていく一方ということですよね。
その分泌量は40歳で20歳の時の約40%、80歳を超えると5%にまで減少してしまいます。
成長ホルモンが出なくなると心臓の機能が低下し、血流が悪くなる、新陳代謝が悪くなる
なんていった悪影響が現れ、肌にも多大なダメージを与えます。
お肌へのダメージにプラスして体へのダメージもかなりありそうです。
やはり年齢には逆らえないということなのでしょうか。
しかし、老化現象を防ぐこともできるはずです。
老化を進めることは簡単であっても、防ぐことはなかなか難しいのかもしれませんが、
日頃からできる対策をしていく必要がありますね。